プレスリリース

インタラクティブ、沖縄ツーリスト、MAIA、Link and Vidibleの4社間にて「デジタルDMOプラットフォーム」サービスにおける包括連携協定を締結

~共同での事業開発により、地域主導の観光振興とDXの促進に貢献~

インタラクティブ株式会社(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社長:臼井 隆秀、以下「インタラクティブ」)は、沖縄ツーリスト株式会社、株式会社MAIA、株式会社Link and Vidibleの4社間にて、2023年12月8日に沖縄ツーリストが提供する「デジタルDMOプラットフォーム」サービスにおける包括連携協定を締結しましたのでお知らせいたします。

今後は、「デジタルDMOプラットフォーム」サービスの事業加速と利用拡大を通じて、地域主導の観光振興とDXの促進に貢献するとともに、地域課題解決型人材の育成や雇用の促進に取り組んでまいります。


(X-BORDER KOZA内にて、写真左から、沖縄ツーリスト株式会社 代表取締役 会長 東 良和、インタラクティブ株式会社 代表取締役社長 臼井 隆秀、株式会社MAIA 代表取締役 月田 有香、株式会社Link and Vidible 代表取締役CEO 豊里 健一郎)

■「デジタルDMOプラットフォーム」サービスについて
沖縄ツーリストとインタラクティブで開発を行った「デジタルDMOプラットフォーム」サービスは、宿泊施設・観光関連事業者が自社で提供するサービスや商品と、沖縄ツーリストが持つ旅行商品(航空券やレンタカー)を組み合わせたダイナミックパッケージを顧客に紹介できる協働アフィリエイト広告です。導入は、各事業者が運営するホームページやSNSに「デジタルDMOプラットフォーム」に遷移する検索ボックス、またはリンクURLを設置するだけで開始が可能で、初期費用・月額費用ともに0円で利用いただけるのが特徴です。

なお、当サービスは2023年11月に沖縄アリーナで開催された『ResorTech EXPO 2023 in Okinawa』において、イノベーション度が最も優れていると評価できるものを表彰する「リゾテックエキスポアワード2023総合グランプリ」を受賞しました。

■包括連携協定の内容について
この度の包括連携協定は、関係4社が共同で「デジタルDMOプラットフォーム」サービスの成長を加速させることで、地域主導の観光振興とDXの促進に貢献するとともに、地域課題解決型人材の育成や雇用の促進を実現するために締結されました。今後は、サービスを導入する際の技術的なサポートをはじめ、サービスを活用した地域主導型観光モデルの推進やプロモーション活動、サービスの継続的な開発と品質改善、地域人材のITスキル向上とリスキリングなどについて、相互に協力を行ってまいります。

インタラクティブのデジタルマーケティング事業では、地域の未来を担う企業・団体の皆様のビジネス課題を、デジタルに精通したプランナー、クリエイター、エンジニアがワンチームとなって寄り添うことで、地域ならではの解決方法で成功に導いていますす。インタラクティブは、新規事業を検討している沖縄県内企業の事業開発を引き続き支援してまいります。

■インタラクティブについて
インタラクティブは、沖縄発のインターネットベンチャー企業です。2022年からは「地域の可能性を解放する」をパーパスに定め、デジタルマーケティング事業とジョブアンテナ事業を中核に地域に最適化した事業を生み出し、北海道および福岡をはじめ、新たな地域へとエリアを広げ着実に全国展開を進めています。
代表取締役社長 臼井 隆秀
所在地     沖縄県宜野湾市大山3丁目11-32
設立年月日   2009年2月5日
URL      https://www.inta.co.jp/